総量規制とは貸金業法のひとつで、業者が

総量規制とは貸金業法のひとつで、業者が一般ユーザーに過剰な貸付を行なうことがないように!という目的で、個人の借金の合計が年収の3分の1を超過してはならないというように規制したものです。